スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大好きなおばあちゃんへ


新年明けましておめでとうございます。

ここずっとPCも開いてない状況でした。。。

というかPCを開く気持ちにもならなかったというのが正しいのですが。

気持ちも少し落ち着いてきたので更新しようかなって。。。

今日はマジメな話というかワタシの気持ちを綴っただけなんで、興味ない方は
スルーお願いします^^;



去年の12月22日の夜にワタシの大好きなおばあちゃんがくも膜下出血で
他界しました。


享年78歳でした。


ワタシの実家から100m先に住んでいたおばあちゃん。

毎日夜ごはんはうちで食べていたのですが、その日に限って夜7時過ぎても
うちに来る気配がなかったのです。

今までも先にお風呂に入ってくることがあったので、7時過ぎにうちにくること
も度々ありそれほど気にも留めてなかったのですが、さすがに7時半過ぎに
なっても来ないのでお母さんがおばちゃんのうちに電話してみると出る様子も
ありません。

「あんた、ちょっと見に行ってくれない?」とお母さんがワタシに行ったのですが
ワタシは「多分、隣のおばちゃんとこで話してるんじゃないの?もうすぐ来るよ。」
って多少めんどくさいとこもあってそう答えてしまいおばあちゃんの家に様子を
見に行きませんでした。

うちのおばあちゃんはすごい元気な人だったんであんまり心配なんてしてなかった
のもあって、うちの家族も「そうだね。」みたいな感じでおばあちゃんが来るのを
待つことにしたのです。

8時になっても来ないおばあちゃん。。。

さすがに心配になってワタシがおばあちゃんの家まで行って様子を見てくること
になりました。

家の電気は付いてました。

家にいるのかな?って思いながら、玄関越しから「おばあちゃん!」って呼んでみて
もまったく反応なしでした。

玄関の戸の鍵がかかってなかったみたいなので、戸を開けて中に入ったのです。

「おばあちゃん・・・・」

靴を履きかけたままうつ伏せに倒れているおばあちゃんがそこにいました。

「おばあちゃん!おばあちゃん!」

何度も声を掛けましたが反応も無く意識がなかったのです。

すぐ救急車を呼び、うちにも電話を掛け家族にも来てもらいました。

「ワタシのせいだ。。ワタシがあの時めんどくさがらずに行ってれば。。。」

救急車が来るまでの間、ワタシはその場に呆然と立ち尽くすだけでただ
泣くばかりで何もできないでいました。


病院に搬送されて2時間後、静かにおばあちゃんは息を引き取りました。


おばあちゃんのまだ温かい手を握り締めて泣きながら、「ごめんなさい、
ごめんなさい。。。」ってただ繰り返し言葉にするしかありませんでした。

お父さんから肩をポンと叩かれて、「お前が悪いんじゃない。」と言ってくれました。

お医者様の話では、CTスキャンで脳を見たところ1週間ほど前くらいに脳の
大きな静脈の一つが破裂していたみたいで、多分本人にも頭痛や痺れなどの
自覚症状があったのではないかということでした。

毎日おばあちゃんを見てたけどそんな様子は一切なく、本人も頭が痛いなんて
言わなかったので、もう少しワタシ達が注意深くおばあちゃんの事を見てあげれ
ば変調に気づいたのかもしれないと思うとやりきれない気持ちでいっぱいです。

子供の頃は両親が共働きだった為、自然とおばあちゃんっ子だったワタシ。

おばあちゃんと遊んだ記憶の方が両親と遊んだ記憶より鮮明に今でも残って
ます。

ここ最近ずっとおばあちゃんとちゃんと話してなかったなぁ。。。


「あんたの花嫁姿見るまでは死ねんわ~」っていつも言ってたおばあちゃん。


婚約前提で付き合ってたカレとご破談になったときも
「いろんな人と付き合ってみらなわからへんから焦らんでよかよ」
ってにっこりと笑って慰めてくれたおばあちゃん。

おばちゃんのあの一言があったからワタシは立ち直れたんだよ。。。

強がってたワタシに「泣きたいときはムリせんで泣いていいんよ」って
おばちゃんと一緒にワンワン泣いたね。。。

いつもワタシの側にいて、ワタシを見守ってくれてたおばちゃん。

でもワタシはおばあちゃんが苦しくて辛いときにおばあちゃんの側にいて
あげれなかった。


何も言わないでいっちゃうのはズルイよ。。。


だってもう会いたくても会えないじゃん。


お通夜の日、おばあちゃんの家で棺の中に入れる愛用の品を探していると
ワタシが箪笥の一番上の引き出しから、銀色の大きなアルミの缶を見つけました。

中を開けて見るとそこにはワタシが子供の時に敬老の日に描いたおばあちゃんの
絵やワタシがあげた手紙や今まであげた物が全部入ってました。

「ずっと大事に取っておいてくれてたんだ。。。」

ワタシはそのおばあちゃんの絵をギュッと胸に抱きしめて、嗚咽をあげて泣きまし
た。

出棺前の最後のお別れの時、そっとワタシがおばあちゃんにあげた絵と手紙も
一緒に入れました。

今までの感謝の気持ちやおばあちゃんを大好きだった気持ちも一緒に天国に
持っていって欲しかったから。


あれからもずっとおばあちゃんの事を思うと胸がいっぱいで涙が出てきます。

生きているうちにもっと孝行してあげれば良かったなぁって。

もっともっとおばあちゃんと話しておけば良かったなぁって。。。




おばあちゃん。

今までありがとうね。

言葉に出して言うのずっと恥ずかしかったけど、おばあちゃんの孫に産まれて
きてホントによかったよ。

子供のときにおばあちゃんが照れくさそうに

「あんたはワタシにとって太陽みたいな子だよ」

って言ってくれた時、子供心ながらすごいうれしかったの憶えてるよ。

おばあちゃん。

一緒に過ごした時間の想い出はずっとワタシの中に生きてるからね。

いつか子供が出来たとき、ワタシのおばあちゃんは素敵な人だったんだよって
話してあげるね。

おばあちゃんがいつも作ってくれたおはぎが食べれないのがすごく悲しいけど
おばあちゃんの味に近づけるように頑張って勉強するからね。

お供え物のおはぎはワタシが作るからさ^^


おばあちゃん、大好きだよ。

そしてこれからも天国から見守っててね。

もうね大丈夫。淋しくないよ。

ワタシがおばあちゃんの事を想う時は、きっとおばあちゃんもワタシの事を想って
くれてるんだろうなって感じるから。

なんだかしみったれたの嫌だからこれくらいにしとくね。

最後におばあちゃんへ。

今まで本当にありがとうございました。


天国のおばあちゃんへ

                                       りおんより


スポンサーサイト
この記事へのコメント
そうだったのですか・・・
おばあさんのご冥福をお祈りします

このような時は、時間という薬が必要ですから
急がずゆっくりと、自分の気持ちを整理し
ちょっとづつ更新していってくれたらなと思います。

>「あんたはワタシにとって太陽みたいな子だよ」
おばあさんのホントの気持ちだと思います。

ゆっくりとね!
げんえい | URL | 2008/01/03/Thu 07:29 [EDIT]
知らぬこととはいえ、
ノー天気なコメント、失礼しました。
落ち着いたら、また、ゆっくり、
更新、待っております。
やじろべえ; | URL | 2008/01/03/Thu 08:55 [EDIT]
新年の挨拶に
お邪魔したのですがそんな残念なことがあったんですね。
ご冥福をお祈りします。
ではではご自愛のほどを...
ミュジニー | URL | 2008/01/03/Thu 09:32 [EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2008/01/03/Thu 12:51 [EDIT]
おばあさんのご冥福をお祈りします

亡くなった人がその後も誰かの心の中で生き続けているとすれば、その人の人生はとても素晴らしい人生だったと思います。
これからも、りおんさんの心の中に大好きなおばあさんは生き続ける事でしょう。
どうか、気を落とさずに精一杯生きて行きましょう。
いつか、おばあさんに会うその時まで...

そして貴女を愛する人の心に生き続けるために...
バチコイピーターパン会長HW | URL | 2008/01/03/Thu 15:28 [EDIT]
りおんさんのおばあさまへの思いはきっと伝わっていますよ。
一杯泣いて悲しんで、また笑顔を取り戻してください。
おばあさまへの想いを忘れずにこれから一生懸命生きていくこと、
それがおばあさまへの孝行だと私は信じてます。
素敵なおばあさまですね。
ご冥福をお祈りします。
may | URL | 2008/01/03/Thu 19:04 [EDIT]
おばぁちゃんのご冥福をお祈りします。

いろいろあるかと思いますけど、また楽しいブログを楽しみにしていますよ。
6 | URL | 2008/01/03/Thu 21:45 [EDIT]
自分を責めては、いけません。
これは、誰にでもある事なのです。
時が少しずつ、許してくれる事かと?

ご冥福をお祈りします。
ガウス@ | URL | 2008/01/03/Thu 22:17 [EDIT]
コメントありがとうございます^^
v-214 げんえい様

ここ最近ようやく気持ちも落ち着いてきました。
ずっと一緒にいた家族が突然いなくなるのに慣れるのはまだまだ時間がかかりそうです^^;
ずっと塞ぎこんでいたらおばあちゃんも喜ばないでしょうしね^^
げんえいさんのおっしゃられる通り時間が経てば少しずつ慣れていくのかもしれませんね。

v-230 やじろべえ;様

ずっと更新できなくてごめんなさいでした><
気分的にPCを開く気にもならなくて、ずっと放置状態にしてたものですから。。。
気にしてくださってコメまで残してもらいありがとうございました^^
また調子戻って来たら記事もUPしていきますからね。
ご心配してくださってどうもありがとうございました^^

v-5 ミュジニー様

ミュジニーさん、ホントにごめんなさいです><
新年からなんだか暗い話しで。。。
この記事については新年というのもありすごいUPしようかどうか迷ったのですが、今の自分の気持ちを正直に綴ってみようかなって思い勇気を出してUPしました。
今度は楽しい記事書けるように頑張ってみますので、また遊びに来てくださいね^^

v-307 バチコイピーターパン会長HW 様

そうですね、ワタシの心の中でおばあちゃんはずっと生き続けているって考えれば少しは淋しさもマシになるかなって思います。
ワタシもおばあちゃんのように誰かの心の中に生き続けてもらえるような素敵な人生を送っていかないといけませんね。
なんだか勇気と元気が出てきました^^

ありがとう、バチコイピーターパン!

v-494 may様

もう涙が枯れるまで泣いちゃいました><
多分、こんなに泣いたの初めてだと思います。
悲しんでばかりいたらおばあちゃんになんだか怒られそうなんで、笑顔でまた楽しく生きていくのがおばあちゃんにとって孝行になるのでしょうね。
励ましのお言葉ありがとうございました^^
りおん | URL | 2008/01/03/Thu 23:35 [EDIT]
v-370 6様

ありがとうございます。
しみったれたとこ見せちゃってなんだか恥ずかしいです^^;
ワタシも頑張ってまた楽しい記事書いていきますので待っててくださいね^^

v-458 ガウス@様

今でもまだ少し自分を責めてる部分があり、その後ろめたさがずっとわだかまりになって塞ぎこんでるとこもあります。。。
今更悔やんでも仕方ないのですけどね。。。
人の寿命は遅かれ早かれ尽きるものと理解してはいるのですが、いざ自分の大事な人が旅立ってしまうとそれを理解したくない自分がいるのが事実なんです。
まだおばあちゃんの死を完全に受け止められないのですよ。
ずっと自分は強い人間だって思ってましたが、こんなに精神的に脆かった自分に驚いてます。。。
時が経てば少しはその気持ちも和らいでくるのだと信じたいです。
りおん | URL | 2008/01/03/Thu 23:59 [EDIT]
ご冥福をお祈りします。
りおんさんの気持ちは十分におばあちゃんに伝わっていると思います。
相手を思う気持ちを忘れなければ、いつでも心の中で再開できるのではないでしょうか。
もし、忘れられたりするのは辛いだろうけど、これだけ思ってもらえればきっと幸せなんだと思います。
お互いの思いは通じ合っているようなので、きっとおばあちゃんも寂しくないだろうし、りおんさんも前向きに行けるのではないでしょうか。

少しずつ前進ねっ!
りゅう | URL | 2008/01/04/Fri 02:40 [EDIT]
そうだったんですね。
おばあちゃんのご冥福をお祈りします
本当に辛いと思います。
りおん様の気持ち・・・本当に届いていると思います
きっと・・・。
しばらくは辛いと思いますが・・・
ゆっくり癒してくださいね。
おばあちゃんはきっとりおん様を見守っていますから
りおん様はおばあちゃんの太陽なんですから・・・
天国にいるおばあちゃんに光が届くように・・・
今は辛いけど・・・がんばろうね。
アル | URL | 2008/01/04/Fri 17:06 [EDIT]
一番つらい別れですよね。
でも、元気なりおんさん方が、おばあちゃんも喜ぶと思いますよ。
少しずつ頑張ってください。
ご冥福をお祈りします。
マッコウず | URL | 2008/01/04/Fri 21:33 [EDIT]
ランキングから来ました。
初めて見た記事がこの記事だったのですが、
思わず、涙がこぼれそうになってしまいました。
いいおばあちゃんだったんですね。

そのままスクロールしておしりかじり虫が出てきたときには、ガクッと来ましたが・・・。

ご冥福をお祈りいたします。
ryi | URL | 2008/01/05/Sat 10:19 [EDIT]
りおんさんが早めに迎えに行っても行かなくても
おばあさまがお亡くなりになったのは、ご寿命ですから
そこでご自身を責めないで下さいね。
またいつか会えた時に、今のお気持ちを沢山話せたらいいですね(^-^)
きっと今頃あの世で、お餅食べてのんびりお正月を過ごしてらっしゃると思います。
りおんさんも、ゆっくりとした新年をお過ごし下さい。
sacchin | URL | 2008/01/05/Sat 10:35 [EDIT]
うーん。
特にはげましになってなくてごめんなさい。
わたしにはこれが精一杯の哀悼です。
みっちーも昨年の10月に祖父がなくなりました。
今でもへんてこな踊りや、取っ組み合った相撲や、しょうゆつけすぎで怒られたりしていた「じぃ」を思い出しては、話しかけています。新年も仏壇の前で4,5分話をしていました。確かに話しても返ってこないし、あの笑顔は二度と見られません。それはやっぱり素直に淋しいことです。
でも、じぃは楽しいことが大好きだし、淋しがりだから。じぃを思い出すことが自分はもとより、自分以外にもあるでしょう。たぶんそれは、淋しさゆえにじぃが居場所を求めて来てるんだと思っています。そんなときいっぱい話し掛けようと思います。それに、じぃはいつでも呼び出せる存在になったのだから、いつも離れて暮らしていたみっちーとしてはラッキーです。笑
おばささんを思い出すときがあったら、いっぱいお話してあげてほしいと私は思います。また笑って話ができる日は必ずきます。むしろ、りおんさんの将来のお子様としてこの世に戻ってくるかもしれません!
ともあれ、今の感情はとっても貴重だと思います。りおんさんの心の一片を聞かせていただけたことに感謝しています。
みっちー | URL | 2008/01/06/Sun 23:39 [EDIT]
そんなことがあったんですか。
まだつらい状態なのに文章にするのも大変だったでしょう。
今年からは常におばあちゃんに見守られているんですね。
がんばってください。
sey | URL | 2008/01/07/Mon 12:31 [EDIT]
あえて、新年の挨拶は控えさせていただきますね。

オイラもこの歳になると、大事な人を多数なくしています。

よみがえるんですよね。いろんな思い出。
なぜ、もっと早くに「ありがとう」って言えなかったんだろうか?とかね。

今は、そっと心で思い出し、話題にすることで
喜んでくれてると信じています。

おばあちゃんのご冥福をお祈りします。
あーるB | URL | 2008/01/08/Tue 16:18 [EDIT]
りおんちゃんお久しぶりです(゜▽゜*)ニパッ♪
NANAです☆覚えてくれてるかなぁ~。。。

最近他のブログ覗くことさえ、おざなりになってて、今まで気づきませんでしたm(__)m

またリンクさせてもらいますので、よろしくです♪

おばあちゃまのご冥福をお祈りいたします。
りおんちゃんが笑顔だと、おばあちゃまも笑顔ですよ!
NANA | URL | 2008/01/09/Wed 19:53 [EDIT]
酷なコメントでゴメン・・・
また、陽気で愉快なりおんちゃんのプログ、
早く見たいです。。。
やじろべえ; | URL | 2008/01/18/Fri 19:01 [EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2008/01/24/Thu 18:30 [EDIT]
心労大変だったですね。私もどちらかというとおばあちゃん子だったので祖母の他界のときは辛かったです。
心安らぐようになるのは時間かかるでしょう、がんばってくださいとしか今はいえません。
たたみや | URL | 2008/01/28/Mon 11:23 [EDIT]
涙ぐみました。
私の祖母はまだまだ元気です。

素直になれない自分を悲しく思います。

感謝の気持ちはその人が生きているうちに伝えたいものですね。
ヤヒロ | URL | 2008/02/25/Mon 22:58 [EDIT]
コメントをくださった皆様へ。

ほんとに長らく放置してごめんなさいです><
皆様の温かい励ましのコメントの数々のおかげもありまして、今ではおばあちゃんのことも良い思い出として思い返せるようになりました。
これからもまた更新がんばりますので応援の方、よろしくお願いしますv-218

コメントをくださった方、本当にありがとうございましたv-435
りおん | URL | 2008/03/03/Mon 11:35 [EDIT]
おおー。良かったよかった。
戻ってきましたねぇ。待っておりましたぞ。

こちらこそ、今後ともよろしくです。
あーるB | URL | 2008/03/03/Mon 11:48 [EDIT]
v-76 あーるB様

お久しぶりぶりです^^
地獄の底から戻ってまいりましたよ~。
また、ロバートいやあーるBさんのとこにも遊びに行きますのでその時はいじってやってくださいなw
りおん | URL | 2008/03/04/Tue 09:50 [EDIT]
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://rionchan93.blog32.fc2.com/tb.php/13-a33ba866
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。